MENU

カープ新外国人投手ハーン投手、ハッチ投手獲得

【スカパー!】基本プランなら50ch見放題でお得!

広島は4日、今季米大リーグ、ロイヤルズでプレーしたテイラー・ハーン投手(29)と、パイレーツに所属していたトーマス・ハッチ投手(29)との契約合意に達したと発表しました。

これで新外国人は4人となりました。

左腕のハーンは、契約金約4400万円、年棒は約8800万円。

右腕のハッチは、契約金6600万円、年棒は約1億2500万円。共に出来高が付くとのこと。

ハーンは身長198センチの長身から最速160キロの速球を投げます。

メジャー通算101試合登板、12勝15敗、1セーブ、防御率5.35.今季はメジャー3球団で投げ、合計13試合に登板、レンジャーズ時代の2021年には、42試合に登板した経験あり。

ハーンは「日本でプレーすることに興奮し、新しい出来事を楽しみにしている。いろいろな経験ができる、冒険的で、新たな機会にとてもワクワクしている」とコメントしました。

ハッチは、最速157キロ右腕、メジャー通算39試合登板、4勝4敗、防御率4.96.今季はブルージェイズとパイレーツの2球団でプレーし、18試合に登板しています。

ハッチは「家族とともに広島に住み、日本での経験を楽しみにしている。2024年にチームの日本シリーズ優勝の手助けができればと思う」と話しています。

アンダーソンとターリーと契約延長せず、と聞いた時には、非常に落ち込み、どうしてなんだ?と思いましたが、こういうことだったんですね。かなり本気の補強が来ました。

ハッチに関しては、数日前に日本ハムが獲得するかも、という記事がありました。日本ハムとの争奪戦の末に勝った可能性があります。先発の確約が条件かもしれません。

コントロールも良く、フォーシームに関しては、デグロムを上回る回転数だそうです。かなり期待してしまいます。

ハーンは、平均153.8キロのフォーシームを軸に、パワーでねじ伏せるタイプ。スライダー、ツーシーム、チェンジアップ、カッターを操る。

コントロールが課題のようですが、コントロールが何とかなれば、かなりやりそうです。先発もできなくはないようですが、中継ぎの起用になるかもしれません。

来季新外国人4人を実際見るのが非常に楽しみです。この4人が、広島の命運を握っているといっても、過言ではありません。

【スカパー!】基本プランなら50ch見放題でお得!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野球ゲームがきっかけで広島カープが好きになり、25年以上応援し続けている埼玉在住の2児の父、40歳です。
ブログを通して多くの方々に広島カープ、野球の良さを知ってもらい、カープを応援して頂くことが私の夢です。

コメント

コメントする

目次