MENU

落合博満氏 昨季のカープを分析

現役時代に3冠王を3度獲得し、監督としては中日を4度のリーグ優勝に導いた落合博満氏が2日、自身のYouTube「落合博満のオレ流チャンネル」を更新し、「オレ流質問箱」に寄せられた様々な質問に回答しました。

「僕はカープのファンなんですが、落合さんから見て新井監督1年目だった昨季の広島はどう映りましたか?落合さんが思うカープに必要な課題や、また新井監督とのエピソードがあれば教えてもらえるとうれしいです」との質問が寄せられました。

良い質問ですね。

落合氏は「去年の広島カープの戦い方ってうのは、諦めない、粘っこい野球をやっていたっていうのがありますね。で、選手に必死さが見えてね。何が何でも俺たちは最後まで諦めないっていうようなスタイルの野球だったんだろうと思います」と語りました。

新井貴浩監督については「適材適所に新井監督が選手の起用ってものをやっていたし、栗林(良吏)が状態悪い時にじゃあ誰を抑えにするのかっていうような時にでも力のあるピッチャーを抑えにしてっていうようなことがあるんでね。代走にしても、守備固めにしてもピンチヒッターにしても、選手をその場その場で使うことによって選手がそれに応えたっていうような野球展開だったと思います」と分析しました。

課題は「やっぱり4番バッターなんだろうと思います」と指摘。「ある程度ピッチャーは整備されているとは思いますけど、4番バッターを誰にするのか。現在、日本人の選手には見当たらないんで、外国人を連れてきてそこにあてがうのかどうかっていうのが、1番新井監督の頭を悩ますところなんではないでしょうか」とも話しています。

新井監督との関わりについては「残念ながら新井監督とのエピソードはそんなにありません」と話すにとどめました。

新井監督とのエピソードはありませんと正直に言うのが落合さんらしいですね。

落合さんのように実績のある監督から、カープ野球がどう見られているのか実際聞けて興味深かったです。

新井カープの野球は良い評価とされているようで安心しました。

やはり課題は4番ですよね。

落合さんが中日で監督していた時は、ウッズという4番がどっしりと中心に座り、チームを引っ張りました。

カープは昨季上本選手を4番に入れたり、西川選手、堂林選手、菊池選手など、日によって変えていました。

できれば4番はチームの顔。コロコロ変えたくはありません。

末包選手に期待したいですが、怪我で出遅れそうです。

候補としては新外国人のレイノルズ選手、シャイナー選手、堂林選手、出遅れそうですが、末包選手になるでしょう。

ここが固定出来れば得点力が上がるのは間違いありません。

序盤は色々な形を試して、その後固定していきたいです。

あとは、評価されている粘っこい野球、ある程度整備されているという投手陣をもって優勝目指して頑張ってほしいです。

個人的には、落合氏の評価が聞けて嬉しかったです。

カープ戦何で見ていますか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野球ゲームがきっかけで広島カープが好きになり、25年以上応援し続けている埼玉在住の2児の父、40歳です。
ブログを通して多くの方々に広島カープ、野球の良さを知ってもらい、カープを応援して頂くことが私の夢です。

コメント

コメントする

目次