MENU

カープ・来季期待の選手②

全身を使って放たれる糸を引くようなストレートはスピン量が多く、時にストレートと分かっていても打てない。そんな魅力あるピッチングを見せてくれる投手。それが大道温貴投手です。

今季の大道投手は、48試合に登板し、防御率2.72、3勝1敗、10ホールドという成績を残しました。以前から良い球を投げる良いピッチャーだな、しかもイケメンだし、と思っていましたが。今季の後半ピッチングの内容が良く、頼もしさを感じさせてくれる程でした

本人の話しによると、転機になったのが、今年の交流戦で偶然投げた縦変化のカットボールでした。投げてみると、打者の反応が良く、その後大きな武器になったそうです。

武器である、うなるようなストレート縦変化のカットボールの相性が良く、意識的に縦と横のカットボールを使い分けていたといいます。

交流戦以降抜群の安定感となり、中継ぎ陣の中でも序列が上がっていきます。

来季のカープ勝利の方程式は、おそらく7回島内、8回矢崎、9回栗林になると思います。そこに更に成長した大道投手が加われば、チームは非常に安定した戦いができるようになり、接戦をものにできるようになるでしょう。

将来は日本を代表するようなリリーバーに成長してほしいと思います。頑張れ大道投手!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

野球ゲームがきっかけで広島カープが好きになり、25年以上応援し続けている埼玉在住の2児の父、40歳です。
ブログを通して多くの方々に広島カープ、野球の良さを知ってもらい、カープを応援して頂くことが私の夢です。

コメント

コメントする

目次